【子どもの片づけ】関わりが大事!手伝いはOKだけど、お任せはNG

おかたづけ育

現在募集中のイベント・講座

子どもの生きる力を育てるおかたづけ講座

【日時】9/15(日)10:00~12:00
【場所】西大路講師自宅
【募集人数】~3名※1名からでも開催いたします
くわしくはこちらから

オーガナイズ片づけサポートも募集中!

LINE@読者様限定価格 今月1組空きあります。(9月11日時点)

作業日はご相談のります(^^)

くわしくはこちら

WORKSHOPやることボードづくり

子どもが、自分で準備・行動できるようになってほしいママ、
ママにガミガミ言われたくない、言われる前に自分でやりたいお子さんにオススメの
時間・タスク管理ツールをつくります!

対象:2歳~小学生低学年の親子

3組以上でリクエスト開催承ります(^^)/

こんにちは。

\心と空間のお片づけ/

\もっと楽に、楽しく、生きやすく/

ライフオーガナイザー®の安尾香奈です(^^)/

 

今日のテーマは、子どものおかたづけ育!

学校がはじまった家庭もあれば、あと少しで始まるという家庭も!

やっと終わる…と安堵の溜息とともに、

頑張りたい気持ちと、ゆっくりしたい気持ちに揺れています。

(家族の誰よりも夏休みボケしてます(笑))

いまから気持ち新たに、子どもとの暮らしを見直したい!方へ届きますように♡

親子の関わり×片づけ

一緒にやろうの声かけ

私が子どもとの片づけで大切にしていること。

それは、関りをもち、もたせること。

 

遊びに関して、わりかし子どもの思う存分に遊ばせる我が家。

一つ出したら、一つ片づけ。

意外とこれやってません。

この理由はまたお話するとして、(また長くなっちゃうからね(笑))

そうすると、リビングはこんな感じになります(笑)

この日午前中は、工作に集中したお嬢さん。私もいくつか製作したよ~

90%はこのリビングで過ごしてるんじゃないか?という滞在率なので

二人いればなおさらこんなことになっているわけです(笑)

 

夫はこの感じに私よりも耐えられず、

ついつい一人片づけを始めてしまいます(笑)

↑世の中のお母さんに多いかもですね。

その気持ちはわかる!

そりゃー、見ててしんどくなるし(笑)、

イラっともする、危なくもあるし、ゆっくりできないよね。

 

でも、ちょっと待った!!

 

『子どもたちも一緒に片づけよう。』

と声かけ!

1歳11カ月の息子はあごを出して走り回っていますが(笑)、

↑ゴミ箱へごみをポイだけ少しやりました~(笑)

 

4歳の娘は、自分なりにメリットをみつけて、

もくもくと動き出しお片づけ!

 

↑このときにかけた声かけの詳細などは、講座にぜひ聞きに来てくださいね♪
さらりと宣伝(笑)

 

片づけるまでが遊び

片づける目的を子どもにも知ってほしいし、

片づけるメリットも、

自分でやることに意味があると私は思っています。

 

『帰るまでが遠足ですよ』と子どもの頃きいた事ありませんか?

それと同じ。

 

浮かれっぱなしで気を抜かないで、気をつけて帰りましょう。

そんな意味だろうけど、私の解釈で+するのは、

やりっぱなしでは終わらないようにね。

という風にも聞こえました(^^)/

 

自立できる機会を奪わない

自分のために夫は、

端に寄せるのかもしれない。

子どものために、たまに遊びに来る母は、

けがをしないか心配でそうするのかもしれない。

 

けれど、子ども自身がおもちゃを片づけることを通して、

自分の大切なものは自分で管理することを通して、

学んでくれることはたくさんあるのです!!(^^)/

 

その一日一日が、

自分の好きを知り、大切にする経験となる。

その機会をぜひ奪わず、見守れるようになりませんか?

 

お片づけの約束(ルール)

だからといって、放置ではありません!

私と子どもとの間で、お片づけの約束があります。

(現在、主役は娘やけど…(笑))

 

”一緒に片づけをするのはOKやけど、

ママがやって~、やっといて~はNGやからね~。”

 

体調が悪かったり、予想外に寝てしまった場合は

私がすることもありますが

基本的には、この約束。

 

片づけは大人がやるものではないんだよ~

子どもでも、必要なことだからするんだよ~

間違った解釈をしないよう

小さいうちから習慣になってもらいたいもの。

その方が効果が高いし、自然と身につくことが多い!

 

続きは明日への宿題

上の子も4歳といえど、あまのじゃくな性格もあったりと

一筋縄ではいかないことも多々あり、

まだまだイヤイヤいうことがあります。

特に夜は眠くなると、ぐずる…が健在!

 

そんなときは無理やり鬼の形相&スパルタでやらせても

出来はいまいちなうえに、

片づけがイヤなものになってしまいます。

 

なので娘と話して、今日はしんどい=いつならできそう?

そんなやり取りから、娘が自分でそれを選択するときもあります。

 

このルールづくりにも関わらせることが重要。

 

親が一方的に決めたことはなかなかやってもらえない、

効果がないことが多いから!

 

翌朝、機嫌のいいときを見計らって声をかけ、

また一緒にならできるというなら付き合います。

これが私なりの見守り(^^)/

 

子どもの片づけ講座、募集中です

 

『え、こんな場合はどうしてる?』

『うちはこんな感じなんだけど、いい声かけの仕方ないかな?』

そんなことをたくさんお話しませんか?(^^)

9/15㈰子どもの生きる力を育てる講座

お子様連れ可の、自宅講座です。(託児ではありません)

お子さんへの習慣、早ければ早いほど自然と習慣になりやすいので

ぜひ今から自立をうながすための関わり方や仕組みの作り方

みつけてみませんか?

皆さんのお悩み、お聞かせくださいね!

現在募集中の講座・イベントはこちらから♡

 

 

 

 

 

 

 

参考になった!共感した!のときは、いいね!がわりに押してもらえると嬉しいです♪ ”にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました