考え方捉え方まで変わる!自分も家族も責めなくなった片づけ

利き脳


ひとりで何でもがんばらない
ママも自分の時間を楽しもう♪

 

ラクに片づく収納と
愛着わく空間づくりから
住む人視点での快適を
一緒に考え伴走します

 

京都市のライフオーガナイザー
クローゼットオーガナイザー
安尾かなです

 

 

私はモノの片づけをとおして

自分自身の考え方・物事の捉え方

家族や人との関係も

子育ても、暮らしも人生まで

変わったなって思います。

 

片づけってモノや空間だけじゃなく

自分の考え方・物事の捉え方

内面まで変化し、心地良くなるんだ!

と驚きました。

 

 

 

ええやん置いといたら。と

モノを捨ててくれない夫に

これは持ってなくても困らないんだって!

と言ってあげてるのに

その通りにしない夫にいつも

よく腹を立てていました。

 

なんでやらないの?わざと?

片づけの話をすると相手も不機嫌に。

 

夫は家のことを考えてくれない。

私ばっかりがひとりで考えている。

つらーい!と思っていたんですよね。

 

 

夫婦になったら価値観は同じ。

絶対これが楽なのに。

 

と思いこんでいたけれど

どんな片づけ方を楽と感じるか

どんなモノを大切と感じて決めるのか

 

家族であっても違っている。

その人その人の「心地良さ」も

100人いれば100通りあっていい。

 

そんなの1ミリも思ってもみなかった

これを知った時は衝撃でした!

 

 

先日も人のせいにせず

最善の行動をとれたな~

って納得できる日常の一場面が。

 

それは、朝の出発時刻ギリギリの玄関、幼稚園行きたくないと突然いいはじめて、集合時間に

間に合わない。

というシーン

最悪…が合言葉みたいに…

 

かといって、仕事もあるので「行かなくてもいいよ」とも言えず、言わずの私(笑)

 

さっきまで機嫌よく、しかもあんなに早くから準備できてたのに!!でももう定番のネタのよう!

 

結果、笑顔で自転車で送っていきました。

(時間を過ぎた時は直接送ります、と連絡帳にもかいて気がラクに)

 

先生や他のママさんにどう思われるだろう…

仕事に間に合わなくなったらどうしよう…

全部私事、の心配(恥)

 

 

以前なら、間に合わなくなった原因を

(時間がないのに…)

小走りしながらしつこく言い続け

 

早く!もっと急いで!と焦らせたり

言わなくてもよかった追い打ちの文句まで

ぶちまけて余計に泣かせたり。

特にこれは長女のときひどい対応を沢山してきたと反省が多く、段取りも仕組み化して、何を第一優先にするのか、他のことを手放せるか意識してきました。

 

 

 

 

そんなだった私が、

人を責めずに、どうすれば最善?

今からどうする?

と気持ちを切り替え、折り合いがつく判断ができたのはものすごく大きな成長といい変化。

 

安全第一

笑顔でいってらっしゃい
いってきます

が言えるようでありたい^^

と意識できて行動も変わりました。

 

 

そのきっかけが、片づけで

 

 

さらに、それを、より具体的に

面白く腑に落ちさせてくれたひとつが

「利き脳片づけ」でした。

 

脳のタイプ(4つにわかれる)

で片づけ方が違う!?

脳の指令
→行動の無意識のクセ
→片づけ方に活用

 

自然と動いてしまうような流れだから無理がなく、リバウンドしにくいとも言われていて

私の収納も家もリバウンドせず、随時気持ちよく見直しアップデートできています!

 

 

私がライフオーガナイズの片づけを学んだ時

この利き脳を知ったことで

今まで自分が片づけられなかった

原因がわかりホッとしたし。

捨てられなかったのが、要不要を選べて

収納が乱れにくくなった。

 

 

なんで家族は戻さない?やる気ないの?

と腹が立っていたことも

家族の利き脳を知って

そうか。そりゃーやりにくかったか…

と思考が整理されて

 

仕組みを見直そう。

と優しい気持ちになれたのを覚えています(笑)

 

 

 

だから

自分にも家族にも

優しくなれる片づけ

を伝えたい♡

 

 

こんな風に脳タイプ別の片づけ方と

物事の捉え方、日頃の人間関係に

影響なんてするの?!

と驚かれるかもしれませんが

 

物事の選び方の基準や

考え方捉え方、やり方が

見えるモノで違いを知れることが

とても分かりやすく納得につながる。

 

 

なぜ片づけ本の言う通りにやったのに戻せないんだろう…私はできないと自己嫌悪

家族が片づけない事が、なんで?!と腹が立つ。といったような

 

「人」を責めてしまうときには

自分のことを理解して

人との違いを知り

相手のことも認め寄り添う。

 

そこから、仕組みをしっかり見直していく。

 

自分も家族も笑顔で過ごせることの多い

お部屋と暮らしが育んでいきませんか?

 

 

 

そんな自分にも家族にも優しくなれる

利き脳片づけの講座は!

 

 

10/3(月)
9㈰
18㈫残2

オンライン開催決定

9月20日にLINEから募集します。
登録をしてお待ちください♡

LINE登録はこちら

 

他の利き脳に関する記事は星をクリック

 

 
 

⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧

これも見える化♡
欲するお気に入りの軸がみつかる在りたい私と本当に必要な衣類を
選びとるためのスマホでファッションコラージュ

お申込みいただいています♪
公式LINEのお友だちは参加無料
LINEに「コラージュ希望」と送ってくださいね^^

9/20 残2
9/30 残1

 

 

 

\相談してみたい/
全然自分がどうしたいのか
わからない方はじっくりと
あなたの本音、みつけましょう♪
ここをクリック★オンライン相談 詳細
「本音にきづいて
行動にうつせるセッション」

 

 

部屋が変わると
ママも家族も
笑顔と快適がふえる♪
⇩⇩⇩
片づけ相談/作業サポート
詳細・申込★こちら

 

 

🎁LINE登録で無料プレゼント🎁

バッグの片付け収納のコツ

LINE登録で画像クリック

⇩⇩⇩

プレゼントを受け取る♪

 

 

”笑い多きに日常になりますように!”
いいね!と思ったら↓
こちらを押していただけると励みになります♪
"にほんブログ村

 

募集中
安尾香奈

安尾 香奈(やすお かな)

Nico’s Story
ニコズストーリー主宰
【片づけ収納×快適動線×好きを飾る】

苦しかったのも片づけ、
救われたきっかけも片づけ

その経験から
また明日も元気になれる家に
整えるサポートを志す。

片づけが苦手で、探し物のイライラを家族に八つ当たり、そんな自分にまた自己嫌悪だったことを経験

「人を責めるな、仕組みを見直す」
アプローチで

毎日の片づけが楽になったのをきっかけに
家族も自然とリビングに集まり
穏やかに過ごせる時間がふえた。

長年モノが多かった家を整理してサロンスペースが完成、オープン。
家で働くことと家族と暮らすの両立が叶った。

と喜びの声をいただく。

◆京都市在住
◆6才4才二児のママ
◆2019年3月開業
ライフオーガナイザーとして活動開始

◆保有資格◆
ライフオーガナイザー®
親・子の片づけインストラクター2級
インテリアコーディネーター
二級建築士

◆実績◆
【書籍・雑誌掲載】
無印良品でつくるワークスペース掲載
日経WOMAN7月号掲載
ラジオ「リヴ☆ラジ」ゲスト出演
ママのためのお片づけ座談会
幼稚園保育園ママ向け
企業社員さま向け
他、オンラインセミナー登壇

訪問オーガナイズ作業/
オンライン片づけアドバイス約 120時間

WEBライター経験
【日刊Sumai】【片づけ収納ドットコム】

インテリアパネルづくり
出張ワークショップ多数

安尾香奈をフォローする
SNSフォローボタン
安尾香奈をフォローする
利き脳
シェアする
安尾香奈をフォローする
また明日も元気になれる家に