家族の休日に「ひとり時間がほしい」なんて言いにくいときは

人間関係(家族)


ひとりで何でもがんばらない
ママも自分の時間を楽しもう♪

 

ラクに片づく収納と
愛着わく空間づくりから
住む人視点での快適を
一緒に考え伴走します

 

京都市のライフオーガナイザー
クローゼットオーガナイザー
安尾かなです

 

夫の長期休みがおわり

わが家のお盆休みが明けました。

今回は夫もひとりで出かける用事があったりで、私一人で子ども達と過ごす時間も多かった

 

ですが、私も。

夫が休みの日は

お仕事もいれさせてもらっていました。

ありたい私発見ファッションコラージュや家事動線のお話会など、オンラインをメインに^^

 

振り返ると

家族の時間も楽しみつつ

自分の時間も楽しめている

イライラが去年より断然少ない

盆休みを過ごせました。

 

子どもや夫と過ごす時間も好きだけど

自分ひとりの時間も大好きなんですよね^^

 

 

後ろめたさ無しに
自分時間を過ごせるようになったな。

 

そう言えるようになったのは

 

ふわっと浮かんだ

「これしたいな、こうしたいな」

を言葉にできて

 

人(家族)に伝えられた

依頼できた、協力してもらえた

 

自分で選んで行動できたから。

自分への信頼が積み重なった感じ!

 

 

私事ですが♡この夏

「映画、ひとりで昼間に観にいく」

という心からの私の望みを

叶えてあげられたら

超絶幸せを感じて元気になりました!

 

 

 

わたしは家族が連休のたび

家族とのお出かけが多くなると

疲れることが多く

 

子どもにも夫にも

「合わせてあげてるのに」

という心の中のイライラが隠せない(笑)

ということがありました。

 

家族が休みの日に

ひとり時間がほしいなんて言いにくい

 

ってことありませんか?

 

 

そんなときは

①思い込みに気づく

②人に話す、きいてもらう

③聞いてみる、リクエスト

 

 

 

①例えば今回の思い込み。

 

「子どもにいろんな経験をさせてあげるべき」

「ワンオペでも思い出はつくってあげないと」

「映画はミニオンズか・・・」とかとか(笑)

 

 

子どもを喜ばせたい

子どもとの体験は思い出になって嬉しい

 

これも嘘ではないんだけど

自分の心からの本音も

満たせているかのバランス

 

その欲求が

絶対、心底やりたい

必要としていることかどうか

 

が大切だと改めておもいました。

 

 

映画CMをみて

「え…いいな!映画館で観たらすごくいいぞ!これはひとりで集中して観たい」

わたし。恐竜とかアドベンチャー好きなんです(笑)

 

と思った瞬間、他にも浮かんだのは

 

自分ひとり楽しもうなんてわがまま。

行くなら子どもも観れるモノにして

連れて行ってあげるべき。

 

17時過ぎ終わりとか晩御飯どうすんの?

晩御飯つくっていくべき。

値段も安くて、寝かしつけも

ひと段落したナイトショーに行くべき。

 

仕事も家事も中途半端やのに…大丈夫?

 

 

これが、誰に言われたわけでもないのに

自分を無意識に追い立てる

「こうあるべき」の思い込み

 

 

隠れた本音の本音。

 

夫に自分勝手だと言われたくなかったし

子どもにママ自分の楽しみばっかりでひどい

とか思われるのイヤやもん。

 

②本音に気づく

とはいえ、なかなか自分のことって

気づけない。

 

人に話すと断然スピード早く

思い込みから脱出、本音に気づいて

行動にうつしやすくなります!

 

 

③聞いてみる、リクエスト

 

でもね。そんなに自分のしたいこと

実現するって悪い事?

 

どうしても行きたいと思ったから

当日、夫と子どもに聞いてみたんです。

 

「ママさ、映画を今日お昼に
ひとりで観に行きたいねんけど、いい?」

 

 

そうなん?いいよ~

と案外あっさり。

(静かに集中して観たくても付け加えてアピール(笑))

 

 

これを叶えられた前後

(決めた瞬間から観た後、数日ワクワク!)

わたしの機嫌の良さったら!

 

願いを叶えたときのパワーは

こんなことまで!

 

できるかな…と不安で思い腰があがらない仕事のチャレンジ

「やっぱりがんばりたいな!」
と行動にうつせたり。

失敗もあるけど、それは課題として捉えて冷静に行動していると思っている!

 

やらされ感のあった家事にも
「よし。」と淡々と完了できたり
(基本、料理洗濯掃除ゼンブダヨ)

 

今日、ママ優しい!と子ども達から人気者になることも。(笑)

 

実はがんばりたいって

本当は思っていることを

・怖くてできない

・失敗したくないからやらない、

・どうせ無理、やめとき。

 

ってあきらめてしまうことさえも

自分を無下にしていた行動かも。

 

そりゃがっかり、欲求不満

イライラするやんという気づきも。

 

まずは自分で自分を否定しないこと。

 

小さな望み、意識して叶えると

毎日に充実感や達成感

「幸せ」って感じられて

自分にも家族にも優しくなれます^^

あなたが元気になれる時を味わえます。

 

 

願いを叶えるっていうと

ものすごく壮大な夢とかを想像しがちですが

案外、ちょっとしたことでも願い。

 

 

出かける予定ないけど
着たいと直感で思った服を着たい。

汚れが気になった水栓を
キレイに拭きあげたい。

畳んだ衣類を元の場所に戻したい。

読みたかった本を買いたい。
家事よりも優先して読みたい。

子連れではいけない店へ
一人ランチへいく計画をたてたい。

 


あなたの今ふわっと浮かんだ

心からの願いは何だろう?

 

 

まとめ

ひとり時間がほしいと言いにくいときは。

①思い込みに気づく

②人に話す、きいてもらう

③聞いてみる、リクエスト

ひとりより、きいてもらうと整理しやすく効果的

⇩⇩⇩

\迷ったらここ/
全然自分がどうしたいかわからない方は
こちらで本音、みつけましょう♪
ここをクリック★オンライン相談 詳細
「本音にきづいて
行動にうつせるセッション」

 

 

部屋が変わると
ママも家族も
笑顔と快適がふえる♪
⇩⇩⇩
片づけ相談/作業サポート
詳細・申込★こちら

 

 

🎁LINE登録で無料プレゼント🎁

バッグの片付け収納のコツ

LINE登録で画像クリック

⇩⇩⇩

プレゼントを受け取る♪

 

 

”笑い多きに日常になりますように!”
いいね!と思ったら↓
こちらを押していただけると励みになります♪
"にほんブログ村

 

募集中
安尾香奈

安尾 香奈(やすお かな)

Nico’s Story
ニコズストーリー主宰
【片づけ収納×快適動線×好きを飾る】

苦しかったのも片づけ、
救われたきっかけも片づけ

その経験から
また明日も元気になれる家に
整えるサポートを志す。

片づけが苦手で、探し物のイライラを家族に八つ当たり、そんな自分にまた自己嫌悪だったことを経験

「人を責めるな、仕組みを見直す」
アプローチで

毎日の片づけが楽になったのをきっかけに
家族も自然とリビングに集まり
穏やかに過ごせる時間がふえた。

長年モノが多かった家を整理してサロンスペースが完成、オープン。
家で働くことと家族と暮らすの両立が叶った。

と喜びの声をいただく。

◆京都市在住
◆6才4才二児のママ
◆2019年3月開業
ライフオーガナイザーとして活動開始

◆保有資格◆
ライフオーガナイザー®
親・子の片づけインストラクター2級
インテリアコーディネーター
二級建築士

◆実績◆
【書籍・雑誌掲載】
無印良品でつくるワークスペース掲載
日経WOMAN7月号掲載
ラジオ「リヴ☆ラジ」ゲスト出演
ママのためのお片づけ座談会
幼稚園保育園ママ向け
企業社員さま向け
他、オンラインセミナー登壇

訪問オーガナイズ作業/
オンライン片づけアドバイス約 120時間

WEBライター経験
【日刊Sumai】【片づけ収納ドットコム】

インテリアパネルづくり
出張ワークショップ多数

安尾香奈をフォローする
SNSフォローボタン
安尾香奈をフォローする
人間関係(家族)
シェアする
安尾香奈をフォローする
また明日も元気になれる家に